Day 24, 25 & 26 Of Iva C.A.R.E.S. Fund Raiser

Donate

Tokaido trek: day 24, 25, 26

東海道五十三次徒歩:第24,25,26日目

 

Wow, it's nearly been a month!

おお、もうほぼ一ヶ月だ!

 

It feels like half a year has past

もう一年経ったようにも感じる

 

It also feels like only a week or two

たった一週間かそこらしか経っていないようにも感じる

 

How is that possible???

どうしてだろう???

 

(Time leans against a metal railing and draws in deeply from the cigar between its lips. "It just is," it answers, disappearing behind a wreath of smoke).

(時間は、金属製の手すりに寄りかかり、唇の間から巻きタバコを深く吸い込む。“ただそれだけ” と時間は答え、煙の輪の中に去る。)

 

So three day, how were these three days?

過去の3日間、どんなだったけ?

 

Before I go onto that, let me talk a detour for moment...

それを話す前に、ちょっと寄り道をさせて下さい。

 

Walking this past nearly-a-month has acquainted to something called CHOAS.

このほぼ一ヶ月間を歩き続けて、何か混沌と呼ばれるものに取り巻かれてきた。

 

(Upon hearing it's name, Chaos stumbles from its seat and half-runs-half-falls onto the stage. A wider grin takes over its already beaming face, "HIYA, GUYS!")

(自分の名前を呼ばれて、混沌は驚いて椅子から落ちそうになり、半分駆けずるように半分落ちるようにステージへ出た。既に気持ちで高ぶる顔に、にっこりと大きな笑みを浮かべる。“ハ~イ、皆さん!”)

 

Physically getting used to doing long-walks

体力的にも長距離の歩きに慣れてきた

 

Mentally getting used to doing long-walks

精神的にも長距離の歩きに慣れてきた

 

Daily change of environment

日々の環境の変化にも慣れてきた

 

Dealing with extreme highs and lows (when it's dark/I'm tired/don't know where I'm staying the night, I feel seriously lonely! haha)

とっても楽しいことや楽しく無い事もやりくりしてきた 。(暗くなると・疲れて眠い・夜どこに泊まれるか分からない、かなり孤独!笑)

 

While this is all part of the journey, and I am only grateful for it, there's something that keeps screaming out to me: a need to write.

全ては旅の一部であるが、有り難いことに、いつも私を追い立ててくれるものがある: 書かなければならないということだ。

 

I'm used to waking up in the morning, drinking green tea by a desk, and writing for 4 hours, but it's not only this habit that keeps tugging at me. It's the inspiration that this walk has built up (and heck has it been building up!) It's a wave that's been rising and rising and now, full of energy, it needs to come crashing down.

朝に起きて、机に向かって座ってお茶を飲み、4時間書く、という習慣に慣れている。しかし、この習慣が私を追い立てているのではない。歩き続けることからインスピレーションがどんどん溜まってくる。(沢山だよ!)まるで波のように上がったり下がったり、ものすごい力で、波打ち際に当たらなくてはならない。

 

And I think that's it: the creative energy needs to be dispelled.

私は分かった:創作のエネルギーの発散が必要なのだ。

 

And for that, I need routine.

その為にも、習慣が必要だ。

 

I've tried fitting writing into the chaos (Chaos jumps up and waves frantically, but before it can open its mouth to speak, gets hushed by the others) but alas, it hasn't been working.

私は、混沌の中へ書き込んでそれを埋めようとしてきた。(混沌はおどろいて飛び上がり、気が狂ったように手を振る。しかしそれが言葉を発する前に、別なもので黙らせられてしまう。)ああ、しかしこれも上手くいかない。

 

So here's an announcement, dear readers: once I reach Kyoto, the end of the Tokaido route, I intend on staying put in one new prefecture for probably a month. Sure, I'll be explore-walking but AFTER 4 hours of writing, 2 hours of Japanese (I really want to talk to people/read Japanese works!!!), and some part-time English teaching to refresh funds.

そこで、ここで発表です。読者の皆さん:私が京都へ着いてこの東海道五十三次を終わらせたら、私は一箇所で多分一ヶ月間滞在するつもりです。もちろん、近くを歩きまわるでしょうが、しかし必ず4時間の執筆の後、それから2時間の日本語の勉強の後(私は日本語で人と話したり、日本語の本を読みたい!!!)、そして少しアルバイトで英語を教えて資金の調達 。

 

So that's that. I'm very excited to start, and it's given a new vigour to my walk.

だから、それを始めるのがとても楽しみで、歩くのにも力がこもる。

 

...oh, back to the walk! (Walk stays holding its face between its hands and staring beyond-boredom, too beyond-boredom to even blink, mutters, "Yeah.")

おっと、また徒歩に戻らなきゃ!(徒歩は、顔に手を当てて暇をもて余して、あまりにも暇でまばたきもせずにしている。徒歩はつぶやく、“はい” )

 

Countdown! Countdown to Nagoya! Two days and over 80 km left!!!

もうすぐだ!もうすぐ名古屋だ!あと2日で80キロ以上も残ってる!!!

 

Day 24 was a I-don't-care-if-the-world-backflips-on-its-backside-I'm-not-walking day.

第24日目は、“世界が崩れてひっくり返ったとしても、どうでもいいや、今日は私は歩かない”という日になった。

 

Day 25 was a omg-I-have-to-catch-up-on-the-walk day. It was blazing hot during the day time, so I only started at 6:30 pm and power-walked till near midnight (only in Japan and I beat my km record!)

第25日目は、“しまったー。とにかく歩いて遅れを取り戻さなきゃ” という日。日中は、めちゃくちゃ暑かった。だから夕方6時半になってようやく歩き出して、ひたすら全開歩きで夜中まで歩いた(日本だからできる。私の自身最高距離記録だ!)

 

I began at Nagoya (my couchsurfing host is there, so I'm tracing the Tokaido backwards to Iwata haha!) and moving away from bright street lights I found myself on darker, smaller roads. There was barely anyone else around and while it was admittedly a wee creepy at times, it was mostly very interesting.

名古屋で始まった(実は、寝泊まりさせてくれるホストが名古屋にあるので、磐田まで逆向きに東海道をたどってきた。ははは!)明るい通りの光から去り、暗い細い道へと進む。ここには他にほとんど誰もいない、正直言うと時にちょっと怖い感じもした。しかし全体としては中々面白い。

 

A place transforms at night time.

夜になると別な場所になる。

 

Take away people and sunlight, and you're left with the odd street light, shades of darkness, the silence of night. Even when the wind rustles, the trees seem more quiet than usual.

人と太陽が無くなる。そして独り奇妙な通りの光に取り残され、暗い影があり、夜の静けさが残る。風が音を立てたとしても、木々も普段より静かにしているような感じだ。

 

Everything feels different too. The giant bridges and highways feel bigger, wider. The rivers and trees feel deeper. And the houses oddly feel like something from nature rather than something man-made.

全てが違って感じられる。巨大な橋や大通りは更に大きく広く感じる。川や木々はもっと深く感じる。そして、家々は、奇妙な事に、なぜか人工というよりも何か自然から出来ているもののように感じる。

 

I passed a large shrine with tall stones, flags, a bridge, and a narrow river, and for a moment there was something a bit eerie about it. I could see the outlines of the forms, but most of them were shrouded in complete darkness.

高い石や、旗、橋、細い川がある神社を通り過ぎる。一瞬の間、何かそこに怖いものがあった。建物や石の形は見えるけれども、でもほとんどは暗闇に包まれている。

 

There's a mystery, an intrigue to the dark, and I think that's what made everything so interesting.

暗闇には何か不思議で惹かれるものがある。私は、それが全てを興味深くしていると思う。

 

There was a section where only large traditional houses filled the streets and these giant buildings with large wooden doors that seemed like old storage places. There were a row of trees that were covered in fairy lights which reminded me of Christmas (my favourite time of year!) Sometimes I'd hear some laughter and talking and then pass a lone Japanese pub with a small group of people.

途中、大きな古いお屋敷が並び大きな木の戸ばかりで、古い倉庫のような感じの場所があった。薄暗い光で木々に覆われていて、私にクリスマスを思い出させた(一年で私の大好きな時だ!)時に、笑い声が聞こえ少人数の人がいる一軒だけの飲み屋を過ぎる。

 

When the Tokaido passed through brightly-lit streets, they seem like something out of a movie rather than normal life in Japan. Past a highway and a vast, rippling river, I hear the creaking of a train. I want to walk more but I can't miss the last train back. Next time :)

東海道で明るく照らされた通りを過ぎるとき、日本の通常の生活というよりは、むしろ映画の1シーンのような感じがする。大通りと大きな波立つ川を過ぎて、電車の音が聞こえる、もっと歩きたいけれどもしかし、戻る電車を逃すこともできない。また次回にしよう。笑顔

 

Day 26. A that's-it-I'm-planning-some-routine day.

第26日目。“もうこれまでだ、しっかりと毎日のパターンを計画する” 日。

 

Did some research, planning. Caught up on sleep, stayed in bed and read and then had a delicious Austrian dinner with a polish couple and our Couchsurfing host, and are later joined by two enthusiastic Italian ladies. We exchange travel stories (especially the crazy ones) and have a good time. Before I go to sleep, it dawns on my how much I'm going to have to walk tomorrow and the day after to make Nagoya...

少し調べて、計画もした。きちんと眠り、ベッドにとどまり読書をして、そしてホストのポーランドのカップルと美味しいオーストリア料理の夕食を食べた。後から元気のあるイタリア人の女の人達が合流する。旅の話をし(特に極端におかしい話)、楽しい時間を過ごす。寝る前に、明日と明後日で名古屋に辿り着かなければならない事を思い出し、どれだけ歩かなければならないのかが頭にのしかかる。。

 

(Walk stands up, its beyond-boredom stare gone. A little smile creeps in the corner of its lips and before it leaves the stage, it says to the lingering audience, "See you.")

(徒歩は立ち上がる。もう退屈でしょうがないという目つきは無くなっている。徒歩の唇の端には薄気味悪い小さな笑顔が漂っている。そしてステージを降りる前に、残っている観客達に言う。“また後でね”)

 

 

THE END.

おしまい。

 

 

(PS. Sorry about lack of photos! It was too dark for any proper ones)

(あとがき。写真が無くてごめんなさい!暗すぎてちゃんとしたのが撮れませんでした。)

2cec92c4-4047-11e8-8d79-a0369f10330e.jpeg
2d0b4b1a-4047-11e8-85f6-008cfa04491c.jpeg