Day 27,28 & 29 of Iva C.A.R.E.S Fun raising walked all the way to Nagoya...

Donate

Tokaido trek: day 27, 28, 29

東海道五十三次徒歩:第27、28、29日目

 

(Sorry for the later post today! Ask Michael and Tully's coffee about it ;) )

(遅くなってごめんね! マイケルとタリーズ・コーヒーに理由を聞いて。笑)

 

Here's a theory: the more you struggle to find words for something, the more meaningful it is.

これは私の仮説である:ものを書く時に、何かについて表現する言葉を見つけるのに苦労すれば苦労するほど、意味深くなる。

 

Language is fairly recent in our human history, feelings are not.

言語は人間の歴史の中ではかなり最近の事だが、感情は違う。

 

As I write these blog posts, there is a great omission of the journey that goes on. What is left? Places, snippets of stories, some photos. It is my hope that even through these, you may glimpse a true shadow. Perhaps one day, when the fire fades and the iron cools, there will be marks left in the ashes.

私が、このブログの記事を書くのに、色々旅で起きている事が沢山省かれる。何が残るか?場所、出来事の断片、写真。私としては、これらからだけでも、読んでくれる人が真実の影を垣間見る事ができればと願う。多分いつか、火が静まって鉄が冷めた時、灰の中に痕が残るだろう。

 

Anyway :) Day 28! I don't even remember what happened on that day! (Maybe I should go back to writing a blog every 2 days haha)

とにかく、笑。第28日目! その日に何が起きたか覚えてもいない!(これでは、私はまた二日おきにブログを書くようにしなければならないかもしれない。はは。)

 

I remember day 29. Music in my ears, I took a train to Chiryu station, where I had left off the day before yesterday, at midday. Now in Aichi prefecture, leaving the mountains of Shizuoka, cement buildings, highways and the few traditional houses are framed by skies alone. Clear skies! The weather has been so lovely.

第29日目の事は覚えている。音楽を聴きながら、一昨日昼に途中にした池鯉鮒(ちりゅう)駅への電車に乗った。やっと愛知県だ。山々や、コンクリートの建物、大通り、少しの伝統的な家々が空だけに囲まれていた静岡を去る。晴天だ!天気は最近ずっと良く爽やかだ。

 

I walk, observe, walk. Sometimes twittering birds stop me in my tracks, or a beautiful garden. Later on, an ancient tree. Its bark is cracked and peeling. Its branches stretched in all directions. I sit beside it in silence for an hour, then stand up to leave...

私は、歩く、観察する、歩く。時に鳥のさえずりや美しい庭が私の足を止まらせる。そして後々になって古代の木。皮は割れ目が入っていて、剥けている。枝はあちらこちらの方向へ向かって伸びている。私は側に座り一時間静かにする。そしてまたそこも去る。

20180416_172106-1024x576.jpg
20180416_172949-1024x576.jpg

 

Before I realize it, the skies darken and I grab lunch/dinner at a konbini and continue.

知らぬ間に、空が暗くなりコンビニで昼兼夕食を買い、歩き続ける。

 

Begin, a walk in the night.

始まる、夜の徒歩だ。

 

It doesn't matter that the route is next to highways for the most part. It's not what's seen that's interesting, it's what's hinted at: a dark plane that unveils itself as a river when a train passes, the shadow of trees, patterns on pavements and iron bridges, the glaring, blaring lights of cars, a single neon sign lighting an empty road, a pair of shoes left outside a sleeping house, a wide, field of grass.

大丈夫だ、殆どの道のりは大通り沿いに行く。歩いていて、見えてくるものそのものではなく、その後ろにあるものが面白い:黒い平らなものが、電車が通った時に川として現れる。木々の影、舗装道路の縞々や鉄の橋、ギラリと光って眩しくうるさい車のライト、何もない通りに一つだけ光っている看板、眠っている家の前においてある一足の靴、広い草の大地。

 

At the beginning of my walk, a month ago, I was blind to these details. I took in everything on its surface. But as I've walked the Tokaido, instead of getting bored when passing similar-looking  buildings and roads, I've found a whole new world revealing itself. As I've walked the Tokaido, layers of my environment have been peeled away.

1ヶ月前に歩き始めた時に、私はこのような些細な事には盲目だった。全てを表面で捉えていた。しかし、東海道を歩いて、同じ様な見かけの建物や道路を進んで飽きる代わりに、新しい世界が自分から飛び出してきたのを見つけた。 

 

Here's a little photo-tour of my night walk on the way to Fujikawa (note: you won't be able to see much!)  以下が、藤沢までの夜の徒歩の写真ツアーです。(メモ:沢山は見えないよ!)

  1. A road 道路

 

20180416_195525-1024x576.jpg

2. Flowers by a road 道端の花々

 

20180416_201733-1024x576.jpg

3. The inside of a church (it was locked, so photo taken through the window pane)

教会の中(鍵がかかっていたので、窓越しに撮った写真)

20180416_204654-1024x576.jpg

 

4. A faceless man  顔のない人

20180416_202011-1024x576.jpg

 

5.  A castle, a river, a man  お城、川、人

 

20180416_195949-1024x576.jpg

6. A lone light 一つだけの明かり

 

20180416_200955-1024x576.jpg

7. A lake 湖

 

20180416_211312-1024x576.jpg

 

Day 29! Nagoya! Today I meet Michael (founder of YouMeWe) and the balloon circus and visit a children's home

第29日目!名古屋!今日はマイケル(YouMeWeの創設者)とバルーン・サーカスに会って、1つの養護施設を訪ねる。

 

I leave my couchsurfing host, who has been very kind, and head with my beloved backpack to meet everyone.

とても親切にしてくれたホストの家を去り、慣れ親しんだ私のリュックを背負って皆に会いに行く。

 

There's a smile on my face just writing about this! We had so much fun!

これを書くだけで私の顔に笑顔が浮かぶ!とても楽しかった!

 

We began by joining three children for a dinner of fried noodles (No, they didn't expect 5 foreigners to come bursting in. Yes, they were caught with chop-sticks half-raised in surprise).

私達は、三人の子供が焼きそばを食べている所へ突然現れた。(そう。彼らは、5人の外国人が押しかけてくるなんて思ってもみなかった。そう、彼らは驚いてお箸を宙に持ち上げたままだった。)

 

The event begins with an introduction to all the children and a presentation on Expedition Nihon. Then the fun begins: Jenny and Bow show us how to spin plates, use flower sticks, juggle, and other circus tricks. When it's time us to give it a go, all the children (and adults) go wild! We had so much fun!!!

最初に子供達への自己紹介から始まり、日本一周のプレゼンテーションをした。そこから楽しい事が始まる:ジェニーとバウがお皿を回す技を教えてくれて、フラワー・スティックや、お手玉、他のサーカスの棒の使い方も教えてくれた。そして、いよいよ皆で実際にやってみるという時は、子供達皆ではしゃいだ(大人も皆)!とても楽しかった!!!

 

There were a few girls who loved twirling these ribbons around, so I joined their group for the most part ;)

2,3人の女の子達がリボンをクルクル回していて、私は彼女らのグループに加わって、殆どを過ごした。笑顔

 

The event ended with a performance (love how you can see who is naturally inclined to what!) and then they all made origami cranes and wrote down their own curiosities for my project!

イベントは最後は皆の発表で終わる(誰がどんな事に自然と取り組むのかが見ることが出来て面白い!)そして、皆で折り鶴を作って、私のプロジェクトの為に好奇心が湧くことを書いてくれた!

 

Thank you to all the staff of the home for having us, and thank you James and Michael for setting up such a wonderful event, and bows to Jenny and Bow for their circus show!

迎えてくれた職員の皆さんありがとう。ジェームスとマイケルもこのような素晴らしいイベントを企画してくれてありがとう。それからジェニーとバウの素敵なパフォーマンスに感謝!

 

Beaming, tired, our day ended with a stacked plate of famous Nagoya chicken wings (by far the best wings I've ever had, yum).

疲れたけれども、笑顔で、名古屋の有名な手羽先の大盛りで一日を終えた。(今まで食べた手羽先の中で一番美味しい。美味い。)