Day 11 & 12 Iva C.A.R.E.S. Fund Raiser

Donate

 

Tokaido trek: day 11 & 12

東海道徒歩 第11日、12日目

Time has been stretching itself more that usual these days! I think it has something to do with me doing a wider variety of things.

この頃、時間がいつもより長くなっている感じだ!多分私がより沢山の事をしている事と関係があるのだろう。

 

Day 11: today is a unique day!

第11日目:今日は特別な日だ。

 

Thanks to Hide, he gets me in touch with his brother will pick me up in the afternoon.

ヒデのおかげで、お兄さんが午後に車で迎えにきてくれる。

 

I take a bus back to Sasahara where I left yesterday, but spot a shrine with lots of cherry blossoms and few people (the final part being the most critical).

昨日降りた笹原までバスに乗って戻った。そこに神社を見つけた。桜は沢山あり、人は少なかった。(最後の部分が一番重要だ。)

 

The wind was scattering the petals into lake and air and a thousand year old trees (1200 to be precise)...

風が花びらを池や空中に飛び散らせている。そして、千年の大木達。(正確には1200歳。)

 

Back to Sasahara after a detour thanks to sleeping on the bus (that's another story), I walk all the down to Mishima. There should be a post station or stone or something here, but after an Edo treasure hunt, I find only some abandoned garages and a shop where the lady says the toilet is in a "box" (confirmed. Those plastic toilet boxes).

バスで寝てしまったおかげで(これはまたの話)、笹原には遠回りで戻り、三島まで全部歩く。ここには宿場か石かなにかがあるはずだが、しかし江戸時代の宝探しの後には、幾つかの見棄てられた駐車場(小屋)が見つかるだけで、お店のおばさん曰くトイレは“箱”の中にある。(目視完了。プラスチックの外付けトイレのことか。)

 

Though on the highway, the route is full of mountains and greeny. I find myself singing made-up songs with an Irish accent (dont even ask) and enjoying the scenery. Reaching Mashima, Hide's brother meets me at the station and we drive to an old town filled with mountains sprinkled with sakura trees (hey, soon you won't be hearing about these trees, so let me be repetitive ;) )

通りを抜けて、道は完全に山となり緑が茂る。アイルランドの訛りで(どんなかは聞かないで)口からでまかせの歌を歌い、景色を楽しむ自分を見つける。三島が近づき、ヒデのお兄さんが駅で出迎えてくれて桜の木があちこちにある山の古い町へ連れていってくれた。(どうせ後では桜の木の事は言わなくなるから、ここでは繰り返し言わせて。)

 

We have sashimi and sushi at a popular traditional restaurant (so fresh + sense-blowing + upgrade from konbini food!). For the first time since my journey, I have a real, very interesting conversation! I miss this so much! A truly great time thanks to Hide's brother :)

混んでいる伝統的なレストランで刺し身と寿司を食べた。(とても新鮮、プラス、びっくり仰天、プラス、コンビニの食事からレベルアップ!)私の旅が始まって以来初のちゃんとした、しかもなかなか面白い会話ができた。これは思い出になる!ヒデのお兄さんありがとう!笑顔

 

 

Day 12:

第12日目:

 

Hide's brother takes me to have steak (food glorious food!) then to Ieyasu Tokugawa's shrine. My fan-girl moment is destroyed by a swarm of tourisms. Swiftly, desicively, we escape.

ヒデのお兄さんがステーキを食べさせてくれて(肉だ!素晴らしい、飯だ!)、徳川家康の神社までいく。せっかくの家康神社と思ったウキウキ感は観光客の波に潰される。きっぱりさっさと、逃げる。

 

Next is a musuem with the original prints of the 53 stations of Tokaido. But alas, they changed the theme of the exhibition to some monsters of the shadow world (probably meant to be creepy,  but was more hilarious. Sorry no photos allowed!) Found a large print of the tokaido trail though!

次は東海道53次の木版画の原本がある博物館。しかし、なんと、展示全体が影の世界の怪物達に変わってしまっている(多分不気味さを出そうとしたのだろうが、かえって可笑しくなっている。撮影禁止!)しかし、東海道の宿場が出ている大きな版画は見つけることができた!

 

Walking around more, I am dropped off at Mishima and then return to the Tokaido. I was not looking forward to walking anymore! (My blisters have invited two buddies)

もう少し歩き回り、三島で降ろしてもらい東海道へ戻る。もう歩くのは十分だ。(足のマメ達が更に2つ仲間を増やしている。)

 

At Numazu's post station at 7pm. Blister-party is going wild. I camp in a park but I can't sleep/it's so cold/my head is exploding. Having read and Ieyasu Tokuagawa and his legendary self control, I think to myself: what would Ieyasu be doing?

7時に沼津に着く。足のマメ達はどんちゃん騒ぎだ。公園でキャンプをするが、眠れない・とても寒い・頭痛がひどい。家康について読んで彼の有名なセルフコントロールの事を思い出し、ふと考えてみる:家康だったら何をしているかなあ?

 

Laughing at me for needing to endure ;)

もう少し頑張らなきゃいけない私を笑っているだろう。笑顔