Day 30, 31 & 32 Of Iva C.A.R.E.S Fund Raiser Has walked for a month...

Tokaido trek

東海道五十三次

 

Happy month-on-the-tokaido everyone!

読んでくれてありがとう。東海道五十三次での1ヶ月間です、皆さん!

 

Day 30. Jenny, Bow, Michael, James and and I visit another children's home. This home is taken care of by a monk I believe, who has been doing so for the past 100 years (got to double check!)

第三十日目。ジェニーとバウ、マイケル、ジェームズと私で、もう一つの児童養護施設を訪れた。この施設は、100年の間1人のお坊さんによって管理されているところだと聞いている。(ちょっと、ちゃんと確認しないと分からない!)

 

The inside was renovated and is now a truly lovely, fully equipped home. There is wood everywhere, the design is simple and spacious. When we intrude (again) on children having dinner, they seem relaxed and at home. It's a great sight :)

中は改装されていてとても良い雰囲気で、普通の家のように全て揃っている。木の感じが出ていて、デザインがとてもシンプルで広々している。子供達が夕食を食べているところへ又お邪魔することとなった。皆落ち着いた雰囲気でアットホームな感じ。私のような他人から見ても安心する。笑顔

 

Later, thanks to the Balloon circus, everyone's juggling, spinning plates, and then performing (you should check out their skills!) We all had a great time thanks to everyone invovled :))) Good bye Jenny and Bow!

少し経ってから、バルーン・サーカスの二人組の技の紹介。皆がお手玉をして、お皿を回し、そして皆で発表した。(子供達の高い技術を見てみて!)関わった人達全員のおかげで、とても楽しかった、笑顔。ジェニーとバウ、さようなら!

 

 

Day 31. My dear Tokaido, we reunite again.

第31日目。私の東海道さん、またお会いしましたね。

 

Doing the calculations, my budget won't allow for any exploration/time-taking. Kyoto just some 90 km away, I gotta walk and just walk (another excuse to return to Nagoya!)

計算してみると、私の予算ではあちこち探検したり時間を消費する暇がなくっている。京都まではまだ90キロ位ある。歩かなければ。ひたすら歩かなきゃ。(名古屋に戻る為にまた言い訳だけれども!)

 

I walk until my gps points out that I have to take a ferry to Kuwana, so I take a train instead.

GPSを辿って、桑名で船に乗らないといけない場所まで歩く。私は、代わりに電車に乗る。

 

It's hot,  very hot. Yes, I am wearing the lightest clothes I own, and yes, it's not even summer. Yay me!

暑い。とても暑い。そう、一番薄着をしているのだけれども、そう、まだ夏でも無いけれども。私にはこれで良い。

 

Past the familiar concrete buildings, traditional wooden ones return until they are all I see. When I read accounts of passing such houses, they often report a sense of "going back in time". I can see what they mean, but I cannot relate to it. To me, these traditional houses simply continue to be. Yes, they are hundreds of years old etc, but like an old tree, it's from our short-lived perspectives that there is any sense of going back in time.

馴染みのあるコンクリートの建物を越え、伝統的な木造の家々が見えて来て、やがてそういう家だけになる。そういう家々を見ながら歩くと、よく“昔へ戻った”感じだと表現される。日本の人達が言う理由が分かる。イギリス人の私には分からないけれども。私にとっては、これらの伝統的な家々は、そう、何百年の建物、古い木のような感じ。私達の短い人生の感覚からは、何か過去の時代へ戻ったような感じになる。

 

Anyway :)

まあ、いいやとにかく。笑

 

I spot a shop with an interesting chicken logo haha, and stop for a moment to look at it. An old man standing outside it welcomes me in and turns out to be the owner. It's a little cake shop and after the usual chatter, he rushes away and returns with a glass of cool water and a cold, creamy dessert, saying, "Oishi! Oishi!"

面白い鳥のロゴがあるお店を見つける、はは、そして止まって眺めて見る。おじいさんが外に立っていて、中へ誘ってくれる。彼はご主人だった。ここは小さなケーキのお店で、いつも通りの挨拶とおしゃべりの後、彼は冷たいお水と、冷たいクリーミーなデザートを持ってきてくれた。“美味しい!美味しいよ!”と言いながら。

 

Oishi indeed! We talk, he brings me some cake, we talk some more, and before I leave me gives me a present of garlic crisps. Very nice of him! :D

本当に美味しい!話を続ける。彼はケーキもくれて、更に沢山話す。さよならをする前にポテトチップスの袋もくれた。とても親切な人だ!笑顔

 

Traditional houses, sun, gardens and little historic spots, more sun. I stop on a bench by a closed restaurant for some shade/to munch the crisps and an old man approaches. Yes, we talk too :)

伝統的な家々、太陽、庭、ちょっとした歴史的な場所、また太陽。閉まっているレストランの側の日陰のベンチに腰をかけチップスを食べる。おじいさんが来る。そう、また話をする。笑

 

He is the owner and inside his Italian restaurant he shows me a picture of mount Fuji. It is stunning. "I drew this with pencil colours," he says. Amazing!!! Around his entire restaurant are more of his drawings - old Italian villages, a bridge in paris, flowers upon flowers.

彼は、ここの御主人でこのイタリアンレストランの中にある富士山の絵を見せてくれた。すごく綺麗な絵だ。“私はこれを色鉛筆で描いたんだよ。”彼は言う。すごい!!! レストランの中には彼が描いた絵がもっと沢山あった。古いイタリアの村、パリの橋、次から次と花の絵。

 

He showed me a wooden model of this large ship-like thing they use in the traditional festivals and he says it took him 2 years to make. The detail was stunning!!!

彼は、伝統的なお祭りで使うような大きな船のような木造の模型を見せてくれた。これを作るのに2年かかったという。細部が精密ですごい!!!

 

His wife joins us and we talk about their travels to Europe etc and he gives me a small drawing as a present!

奥さんが合流する。彼らのヨーロッパへの旅行の話になり、彼は小さな絵をプレゼントにくれた!

 

"Aenai", he tries to tell me before I leave. Not understanding,  he tries to explain it by saying that I am walking the Tokaido and he came here and I think, "ah, maybe he means it was  a lucky encounter!"

“あえない” 彼は私が去る前に何か伝えようとする。何を言おうとしているのか分からない。彼は私が東海道をここまで歩いて来たことを言いながら何か説明しようとする。私は“ああ、多分彼はこれが幸運の出会い”だと説明しようとしているのだろう。

 

"Aenai," he repeats. I nod, smile. "Hai, aenai!"

“あえない”彼は繰り返す。私は笑顔でうなずき “はい、あえない!”

 

Later on, I research the word. It means "tragic"...

後になって、私は言葉を調べる。“不幸”という意味だった。。。

 

It's time to learn Japanese...

日本語を勉強しなくては。。

 

The heat settles down as the sun sets and walk in the night. When I reach Yokkaichi, I find a park and camp between trees, but that night, I didn't freeze. That night, I had a sleeping mat. And I woke up to a gently rising sun and the singing of birds :)

日が沈んで暑さも落ち着き、夜に歩く。四日市に着いて、公園を見つけ木の間でキャンプをする、夜でも、凍えなかった。その夜はキャンピングマットがあった。ゆったりとした日の出と鳥のさえずりに目覚めた。笑顔

 

Day 32. I get going at 5:30 am, but as the hours pass, it becomes roasting!

第32二日目。5時半に出発。しかし時間が経つにつれて、焼けるような暑さになった!

 

With 4 hours of rough sleep and an appetite of what I can only presume a wild boar would I have, the walk turns into a trudge. I trudge past a highway until a supermarket comes into sight. Never been happier to see one!

4時間の睡眠とイノシシのような、としか言えないくらいお腹が空いて、足取りが重くなる。大通りを何とか越えスーパーマーケットが見える所まで来る。スーパーマーケットを見つけてこんなに嬉しかった事はない!

 

Food, water, charging my phone, a nap in a forest by a graveyard (that's another story!). I deeply wanted to just stay in the shade for the rest of the day, but the rhythm of the Tokaido is to keep moving. And so I kept on moving.

ご飯、水、携帯の充電、お墓の側の森で昼寝(これについては、またのお話!)もう残りの一日をずっとこの日陰で過ごしたくて仕方がなかった。しかし、東海道のリズムがあるし、とにかく進むこと。私はまた歩き続けた。

 

The houses on the route are really beautiful and seem older than the ones I've come across. At one point I pass a blue bridge and see a little gate that seems interesting. Time to explore. Small stone steps take me past trees and towards a large wooden temple surrounded by a garden.

道沿いの家々はとても美しく、以前に見たことのあるものよりも古いように見える。途中で青い橋を渡ると面白そうな門が見える。ちょっと探検だ。小さな石の飛石を進んで木々を越えると庭に囲まれた大きな木のお寺に辿りつく。

 

The more I walk around, the more beautiful it is. There a small stone shrines  here and there, large blossoming flowers, a little hidden pond under trees, greeny of different shades and hues. A lady appears and she after the expected chat, she shows me around and tells me that she has lived here with her husband (the shrine's monk) for 40 years.

歩けば歩くほど、美しい。あちこちに小さな石のお宮がある。大きな花が咲いて、木々の下に隠れた小さな池がある。色々な色彩の緑だ。女性が現れる。お馴染みの挨拶とおしゃべりの後、案内をしてくれて、彼女はここに旦那さんと(ここのお坊さん)40年住んでいると言う。

 

I meet her husband who gives me oranges and then their son (also a monk) show me the main shrine. It's around 380 years old and it's roof is actually depicted in one of Hiroshige's ukiyoe of the 53 stations of Tokaido!

旦那さんに会い、彼はみかんをくれた。そして息子さん(同じくお坊さん)が本堂を案内してくれる。大体380年くらい古くて屋根には、広重の東海道五十三次の浮世絵がある!

 

We have a lovely talk, visit an ancient sakura tree from another of Hiroshige's ukiyoe, and then get going.

とても楽しいお話をして、別の広重の浮世絵にでてくるのと同じ古い桜を見て、そして先へ進む。

 

For the first time, school children start to say hello to me and a little boy even stops to ask me where I am from! As I past Shono post station around 6 pm, a car stops right by me and guess who comes out?

初めて、学校の子供達がハローと私に言う。小さな男の子が止まって私が何処からきたかと聞いた! 夕方6時頃に庄野宿を越えると、車が横で止まる。誰が出てきたと思う?

 

The monk's wife! 

お坊さんの奥さんだ!

 

She tells me her husband said it was dangerous for me to be camping alone (haha) and that I should stay the night with them! How nice!!!

彼女は、旦那さんが、私が1人でキャンプをするのは危険だから(はは、)一晩とめてくれると言うのだ!なんて優しい人達だ!!

 

They show me a book on the 53 stations of Tokaido as dinner is being prepared (cue for wild-boar-appetite). It's so interesting to compare the routes during the Edo period to what it is now, having walked through them.

夕ご飯の支度中に彼らは東海道五十三次の本を見せてくれた(イノシシの食欲の出番。)東海道の道を歩いてきたので、江戸時代と今とで比べるのはとても興味深い。

 

We dine together and somehow manage to talk about buddism with the help of the dictionary on my phone haha. I had a great time and hope to share this experience better than the short words I have written here :)

夕食を一緒にして、私の携帯の辞書の手助けで(笑)何とか仏教の話を楽しむ事ができた。とても楽しい時間を過ごす事が出来て、いまここに書いている短い言葉だけでなく、いつかこれをきちんと書けたら良いなと思う。笑顔

 

But for now, the Tokaido calls...

しかし、今は、東海道五十三次が私を呼んでいる。。

20180419_150800.jpg
20180419_155851.jpg
20180419_165856.jpg
20180420_073700.jpg
20180420_112805-1.jpg
20180420_155202-2.jpg
20180420_161008-3.jpg
20180420_162535-4.jpg