Day 19 & 20 of Iva C.A.R.E.S. Fun Raiser walk along the 53 Stations of Tokaido

Donate

Tokaido trek: day 19 & 20

東海道五十三次徒歩:第19、20日目

 

 

Here's a go at making posts shorter so I can upload more photos...

今回はブログを短くして写真を載せられるように試してみる。

 

Energy. That's the keyword this day. Remember that crazy energy I had to burn off the day before?

体力・エネルギー。が今日のキーワード。一昨日私の体力が余りすぎていたのを覚えている?

 

It's back. More than ever. I do the only thing left to do:

まただよ。今までに無いくらい。残された事は一つだ。

 

I leave everything but my phone/money in my room and go jogging (wouldn't some Edo- ites have ran it to send urgent messages?)

私は携帯とお金だけ持って、後は全てを部屋に置いてジョギングへ出かける。(江戸に住む人達はかつて緊急の連絡を伝えるときには、走ったでしょ?)

 

The distance I cover in an hour I jog in 15 minutes or so. I stop when I want to and endorphine-flooded, observe everything with hyper clarity (hmm are you thinking what I'm thinking?)

歩くと1時間かかるところを、走ると大体15分で行けてしまう。止まりたい時には止まる。エンドルフィンが溢れている。全てがはっきりと観察できる。(ふ~ん、ひょっとして私と同じ事を考えてる?)

 

It's a beautiful, sunny day and on my way, hey ho, I spot another backpack traveller who seems of the seasoned type haha. I stop and ask him if he is walking the Tokaido and he, Stefan, says yes. Woo!

とても美しい晴れの日だ。そして途中で、おや、リュックを背負う旅行者を見つける。ベテランタイプだ、笑。私は止まって、彼に東海道を歩いているのか訊く。彼、ステファンは言う。そうだよ。おー!

 

"Wait, what's your name? Are you one who is walking all the prefectures?" he asks.

“ちょっと待って、名前は? あなたが日本を一周している例の人かい?”彼は訊く。

 

Small world!!! Upon hearing about Stefan 's 4 month walk around Japan, his friend told him about someone even crazier than him (i.e. me) so that's how word has spread (about YouMeWe too!)

世界は小さい!!! ステファンが日本で4ヶ月間歩くという事を聞いて、彼の友達が彼よりももっとクレージーな人が居るよって(すなわち私)言ったとのこと。なるほどこう言う風に噂は広まるのだな。(YouMeWeの事もだ!)

 

We talk about history, Japanese culture, etc, walk through even closer mountains and gushing rivers, all while he navigates with a book about the Tokaido (gps was going to lead us the wrong way!). Eventually, we depart as I have to jog off my energy (warned you, keyword).

私たちは歴史のことや日本の文化などを話す、そして山に近づいて激流の辺りも歩く。彼はずっと東海道の本を頼りに進む。(GPSだと間違った方向へ導くようだ!)最終的に私はジョギングをしてエネルギーを消費するために別れる。(警告したでしょ。キーワード覚えている?)

 

The nature is stunning and lush. Green everywhere, large rivers, beaming sun. Obviously I chat up some old women I see on the way (had an old man yelling at me - in a good natured way - when I tried going into a museum, then shake my hand the end of our talk. That's another story!)

自然は目を見張るよう。豊かだ。全てが緑、大きな川、光り輝く太陽。もちろん、途中で女の人にも声をかける。(お婆さんが私に対して何か叫んでいる。好意的な感じで。博物館に入ろうとしたら、私の手を握って握手をするので会話は止まった。これはまた別な話!)

 

I stop to eat at 5 pm. Finally, finally, my legs are tired. I walk. It gets windy, cold. "You're on your own, buddy" says the Energy.

5時に止まって食べて、やっと、やっと私の足は疲れる。歩き出す。だんだん風が吹き寒くなる。“もうあなたは自分独りだからね。” 私のエネルーが言う。

 

Exhausted, I stop before Fujida post station and take a bus back. Night night!

ヘトヘトになって、藤枝宿の前で止まりバスに乗る。おやすみ!

 

 

 

Day 21. Garden party garden party garden party! Today's the day!

第21日目。誘われた庭でのパーティーだ、パーティーだ、パーティー!やっと今日が来た!

 

Because I must be there in the afternoon and it's near Fuji city (the green part of it!) I explore Shizuoka, land of Ieyasu Tokugawa. A trip to Nihondaira brought the unexpected.

午後には着かなければならないので、富士市の近くだから(富士市の中の緑が沢山ある地域!)家康の土地である静岡をあちこち周る事にする。日本平までの事は全く期待していなかった。

 

1) I saw mount Fuji in its entirety! All of it! (Had to hold back tears haha)

1)富士山が完全に見えた!全部だよ!(涙を堪えなくてはならなかった。笑)

 

 2) unable to see Ieyasu's shrine, I walk around the area. The sea appears. Something about it, perhaps its crashing waves and seeming endlessness, makes me watch it for an hour. I came to see a human, but nature showed me the sea.

2)家康の神社が見られなかった。あちこち歩き回って探したのに。海が現れる、何かが特別だ、もしかしたら、その岸にぶつかる波とそのとめどめ無さ、何かが私をその場に留める。1時間海を眺めた。家康という人を見る為に来たけれども、自然は私に海を見せてくれた。

 

Afternoon. Garden party.

午後。庭園のパーティー。

 

Ah, readers!!! Any words I string together won't describe the magic of a lush garden, great company, fine food, and a view of mount Fuji. All by a 400 year old house. Saito-san and his wife have been holding these garden parties for over 20 years! We talk about pizza, the stillness of rocks, and ancestry, while sipping on wine by an outdoor fireplace under the stars. I could live like this forever :)

ああ、読者の皆さん!!! この豊潤な庭園の魔法は私がどんな言葉を繋ぎ合わせても語り尽くせない。楽しい人々、美味しい食事、そして富士山の眺め。全て400年前に建てられた家の前で。斎藤さんと彼の奥さんはこのようなパーティーを20年以上続けているのだ! ピザの話や、石の静けさ、家系の事、星の下の外にある暖炉の横でワインを飲みながら話す。私なら、永遠にこうやっていられる。笑

 

They very kindly let me stay the night and I wake up the next morning to birds twittering behind washi-paper doors. I leave with the smell of flowers lingering in my mind...

彼らは親切にも夜泊めてくれた。次の朝、和紙で出来たドアの向こう側でさえずる鳥に目が覚める。花の香りが頭に漂うまま帰る。

 

Thank you deeply Saito-san and wife :))) I will see you again!!!

斎藤さんと奥さんどうもありがとう!!! また会いましょう!!!

 

PS. Photos of the garden party will be uploaded when I receive 'em!

あとがき。受け取り次第、パーティーの写真も載せるからね!