Day 9 & 10 IVA C.A.R.E.S. Fund raiser

Tokaido trek: day 9 & 10

Day 9: topping off the magic of last night, I camped near Odawara castle. Then at 5 am, the strangest thing happened. I woke up to a man apologizing and then crouching at a nearby tank and fiddling with it.

第9日目:昨日の晩の魔法の締めくくりに、小田原城の近くでキャンプ。そして翌朝5時、奇妙な事が起こった。男の人が、ぶつぶつ何か謝りながら近くのタンクのそばにしゃがんで、タンクの辺りで何かしている。

1) what on earth is he doing?

一体彼は何をしているんだろう?

2) he seems totally fine and harmless, but 1)

特に危険のありそうな人ではないようだ。しかし

3) i'm too tired to care

私はあまりにも眠いのでどうでも良い。

Having watched him for a while and not making sense of anything I closed my eyes but stayed awake until he was gone. I wait for a while to make sure he doesn't come back, and when he doesn't, I fall back to sleep.

少しの間彼を観察したが全く意味が分からない。私は目をつむったが彼が居なくなるまで起きていた。少し待って、彼が居なくなるを確かめて、私はまた寝た。

But then he's back. With another apology, he returns to the same spot, fiddles around, then leaves.

しかし、また彼が戻ってきた。また何か謝りながら、同じ場所に来て何かしている。そしてまた居なくなった。

I consider leaving my spot, but I got zero questionable vibes from him.

私はもう出発しようかと考えたが、彼が変な感じはしなかったのでそのまま居た。

I wake up. Again. This time to a cat staring intently at me. Time to leave. I pack up and then go to look at where the man was crouching and lo and behold, there's a bowl of water and cat food! How nice of him!

次に目が覚めたら、今度は猫がじっと私を見ている。もう行こう。荷物をまとめてさっきの彼がしゃがんでいた場所に行ってみた。なんと、ボウルに水と猫の餌があるのだ。彼は優しい人だったんだ。

I wonder around the cherry blossoms as the sun rises. I hear a meowing and find a cat sitting on the castle wall. First it seems like he wants to get down, but then settles down and watches the sun rise.

太陽が昇りつつある中、私は桜の木々の中を歩き回った。ニャンという声を聞いて、猫が城壁に座っているのを見つけた。最初は彼が降りたいのかなと思ったが、彼はそこに居座って太陽が昇るのを見ている。

On this bright new day, having wandered through more cherry blossoms and watched the sun rise with a cat (seriously, check the photo out!), my right leg develops this very painful strain and the blisters are worse. Nevermind. But as the day goes by it gets worse and I can't even walk. Enter: another nothing-day.

明るい新しい一日が始まるが、桜の中を歩き回って猫と太陽が一緒に昇るのを見て(本当だよ、写真を見てみて!)、右足の痛みがかなり酷くなっていて、足のマメも最悪になっている。気にするな、とにかく歩こう。しかしやっぱり日が進むに連れて痛みは更に悪くなり、もう歩けない。“また、何もしない日”と書いた。

Day 10: That's it. Pain or not, a walk is happening today (How did those travelling the Tokaido deal with blisters etc?  They just dealt with it!) I take a bus back onto the route and don't fuss about the 1 km I miss. Ah, what a walk! From Hakone onwards, the Tokaido trail leads through the old stone roads and changing nature: a tunnel of curved bamboos, tall silent forests, golden swaying reeds. The isolation and peace that comes with it reminds me of scotland, and for the first time, I actually feel like I'm on an adventure :) As I shift from scenery to scenery, the horizon of mountains is the only thing that doesn't change.

第10日目:もうこれまでだ。痛かろうが無かろうが、今日は歩くぞ。(東海道を歩いた昔の人は足のまめをどうしたんだろう? 無理やり頑張ったのかな?) 私はバスに乗って東海道のルートに戻った。1kmくらい抜かしたけれども、まあ良いか。箱根から先への歩き。何てところを歩くもんだ! 東海道53次は昔の石畳の道を進み景色や自然も変わってくる:曲がった竹があるトンネルや、高い木々の静かな森、黄金色に揺れるアシの草。この孤独な感じと平和な静けさはスコットランドを思い出させる。そして、日本で初めて冒険に来ていることを感じさせた。笑。いろいろな景色が変わる中で、山々の稜線だけが変わらない。

At one point I emerge from a trail and find some daffodils!  The signs of spring that I am so used to in London. Then a garden appears, a plot of vegetables, and a cozy house, with the Tokaido going straight through them! (Would have made a great undercover post station in the Edo period! )

あるところでは、道を抜けたところでスイセンを見つけた。ロンドンでとてもおなじみの春の兆しだ。そして庭がでて来た。沢山の野菜があり、こじんまりした可愛いい家がある。東海道はこういうところを進むのだ! (ここなら、江戸時代に素敵な街道の宿場になっただろうに!)

The skies turn pink as the sun sets. Learning from my Hakone-moment (now I laugh at it) I take a bus to Shimizu before it gets dark. Turns out there was a post station right next to me that I missed on my map!

空がピンク色になり日が沈む。箱根での経験から(今では笑う事ができるが)、暗くなる前に清水までバスに乗る。なんと、地図で見逃していたが、実は直ぐのところに宿場があった!

The city lights glisten like stars (seriously, haven't seen this elsewhere) and as night falls and I see the familiar Lawson sign, I am filled with a deep appreciation for the konbini.  During my 10 day journey, it's been a constant source of food, bathrooms, and familiarity amongst the unfamiliar.

町の明かりが星のように光っている(これは本当に他の場所では見たことが無い。)夜が深まって、お馴染みのローソンの看板が見える。コンビニの有り難さがとても身にしみる。10日間の旅で、コンビニは常に食事とトイレを提供してくれて、何かと分からない事が多い中で分かりやすくて安心も与えてくれる。

So tonight, my praise goes to konbinis ;)

だから今夜は、コンビニに感謝!