Day 33,34,35,36 of Iva C.A.R.E.S. Walk-a-thon to Kyoto

Screen+Shot+2018-03-17+at+8.25.54+PM.png
Donate

Yes, you've already heard. I've made it to Kyoto!!!

そうです。もう聞いているかもしれないけれども、とうとう京都に着きました!!!

 

But hey, let's do this chronologically shall we? :)

だけどちょっと待って、ちゃんと時間を遡ってみてみましょう。笑顔

 

Day 33. I woke up in the monk's house. Slept amazingly. While his wife is preparing breakfast, the monk gives me presents: four keychains for my family, some photos of tokaido ukiyoe, a beautiful thread-cover notebook with a tokaido ukiyoe on it and a few prayers inside,  and power stone bracelet.

第33日目。和尚さんの家で目覚める。とても良く眠れた。奥さんが朝ごはんを用意している間、和尚さんがプレゼントをくれる。私の家族の分も含めて4つのキーホルダーと、東海道五十三次の浮世絵の写真、浮世絵の絵が表紙になっていて中に幾つかのお祈りがあるとても綺麗な紐閉じのノートブック、そしてご利益のある石のブレスレット。

 

How so surprising and extremely kind and thoughtful!!!

とても優しくて、びっくりで、とても心が篭っている!!!

 

There was something extra special about his presents too. It was as if he knew exactly what was right for me. From the notebook to the composition of the stones of the bracelet. In some ways, it was more right than I could have known myself...

彼のプレゼントには特に深い意味がある。彼がまるで、私にとって何が一番であるかを知っていたような感じ。ノートブックからブレスレットの型まで。多分、私が自分で理解していた以上に私にとって良いのだと思う。

 

We have breakfast with his son, chat, and then at 9, the husband goes to start his prayers and the son drives me to where they picked me up last evening. As we say goodbye and I thank the wife, she says it was her happiness and that I should return. I'm so touched and wished I could communicate how grateful I am!

彼の息子さんと朝ごはんを食べて、おしゃべりをし、そして9時に、和尚さんはお経を始め、息子さんが昨日迎えてくれたところまで送ってくれた。さよならを言って奥さんにお礼を言うと、私がまた戻るのが彼女の幸せだと言った。とても感動して、どれだけ有り難いかをもっときちんと伝えられればよかったと思った。

 

Tokaido. Back to the tokaido.

東海道だ。また東海道へ戻った。

 

Some days are so magical that it seems like one long dream. Today was such a day. I passed by lush forests, large rivers, ancient trees and shrines, watched turtles climb out of a lake and just chill on a pipeline.

時には、まるで魔法のようで、1つの長い夢かと思う。今日はそんな日だった。深く茂った森の側や、幾つかの大きな川、大昔の木々、幾つかの神社の横を進んだ、亀が湖から出て登ってきてパイプで休むのを見た。

 

Realizing I had crossed into Mie-ken was exciting! Until I heard people talk. They sound so different! An old man asked the usual where/when/whats and then showed me an old house from Meiji period and I had to try really hard to understand his accent!

三重県へちょうど入った事に気がつく! そして人の声が聞こえる。言葉が随分違うように聞こえる!おじいさんがいつものように、何処から来たのか、何時来たのか、何をしているのか、と尋ねた。そして、明治時代からの古い家を見せてくれた。彼の方言を理解しようと私は必死だった!

 

Before the sun sets, a golden light fills the skies and filters through the tree leaves. Everything looks magical in such light.

日が沈む前に、空が黄金色で満たされ、 木々の間を光が刺す。こんな光の中では、全てが魔法のようだ。

 

When the sun sets and darkness takes over, it's me, traditional houses, and the stars. I keep walking. Eventually, I find a place to camp but very desperate for a bathroom and none it sight (the agony!) I dash into a restaurant to use theirs.

日が沈み暗闇が覆う、私と、伝統的な家々、そして星だけになる。歩き続ける。やっとキャンプする場所を見つけるが、トイレに行きたくてしょうがない。どこにも見当たらない。(これは苦痛だ!)私はレストランに走りこんで使わせてもらった。

 

As soon as I walk it, everyone stops and stares. Not the usual split-second stare, but a i-will-indulge-in-a-good-few-seconds stare. Multiple times. I don't mind staring, I understand I am a strange sight in Japan haha, but as I had to compose just enough civility to make it to the bathroom, it was a bit awkward haha.

私が歩くと、皆が止まり私を見る。いつものちょっと見るだけのものじゃない。長い2,3秒かけてじっくり見るやつだ。何度も。見られるのは気にならない。私が日本では珍しいだろうからそれは分かる、笑。しかし、私はトイレまで行く時に、焦っていない雰囲気を出さなければならなかった。とても気まずかった、はは。

 

Camped at the edge of mountains. Little, rough sleep,  but when stars are shining above you, it doesn't really matter.

山の麓でキャンプをした。少し強行の睡眠。しかし星が真上で輝いているし、気にしない。

 

Day 34. Lovely walk, beautiful weather, stunning scenery. The scenery here is perhaps the best so far! Steep climbs through thick trees. Hidden stone shrines. Gushing rivers and little water falls. At one point I find myself stuck on a highway with massive trucks zooming past me (scary!) but then I spot a sakura and all is well (they were fading away in Shizuoka!)

第34日目。気持ちの良い徒歩だ。天気も素晴らしい、目を見張るような景色。ここの景色は今までで一番かもしれない!生い茂った木々の中の急坂を進む。隠れた石の神社が幾つか見つかる。激流の川や瀧。途中で、大通りで何台かの大きなトラックが私の横を駆け抜けて行くので止まらなければならなかった(怖い怖い!)しかし、その後桜を見つけたので、すべては良し。(静岡では桜は段々散っていたんだ!)

 

I nap in a field of grass and wake up to a man speaking. Right before me on the road is a group of Japanese ppl with a guide. And yes, I can smell it off them...fellow tokaido walkers! I joined them for a short while and had a chat then got back to the route alone.

草の畑でひと寝して、男の人が話すのに目を覚ます。私の前の道には、ガイドさんと一緒の日本人のグループがいる。そして、そう、私には分かる、、、同じ東海道五十三次を歩く仲間達だ!彼らと少し一緒に歩き、おしゃべりをして、また独りルートへ戻る。

 

An old lady shows me around a tokaido musuem (note: while I struggle to understand her accent!) and at last, even though nature is by far by favourite scenery, I am glad to make it to a town with a shopping mall. Food. Laundry. And a massive park to camp in. Exhausted, I fall asleep at 9pm.

お婆さんが東海道五十三次の博物館を案内してくれる。(注:私の方は、彼女の方言を理解しようと一生懸命!)そして、ついに、私は自然が断然に好きな景色だけれども、商店街のある町に着いたのは嬉しい。食事、洗濯。そしてキャンプのできる大きな公園。ヘトヘトで、9時に寝てしまう。

 

I wake up to a horrible feeling in my gut. It's 12:30 am. The park is empty and the lights are all out. I look around, see nothing, hear nothing. But the horrible feeling stays. I continue peering in the darkness and finally see something: in the far distance,  two men are walking towards me.

何か妙な悪い感覚に目が覚める。朝の0:30分だ。公園には誰も居なく、明かりも消えている。見回しても何も無い、聞こえない。しかしなにか悪い予感がする。暗闇をずっと見つめていると、やっと何かが見える。ずっと遠くに、二人の男の人が私の方へ歩いてくる。

 

Without delay, as quietly as I can, I slip my trainers on, leave my backpack but take my small bag with valuables, and walk away, quickly.

遅れを取らず、できるだけ早く、トレーナーを着て、リュックを置いたまま、貴重品の入った小さな袋だけ持って歩く。なるべく早く。

 

I look back. They are still following me. I run up a slope and see a single car parked with its lights on. Perhaps it's their's?  I avoid and look back again and see them again.

後ろを振り返る。彼らはまだ追っかけてくる。坂まで走って一台の車が光が着いたまま止まっているのを見つける。もしかしたら、彼らのかな?車を避けて後ろを見る。まだ彼らが見える。

 

I dash for the main road and speed down at a maintainable speed. Finally, I see a girl walking on the road and feel much better. I look behind me again but they aren't there. They hadn't followed. I make it to a konbini,  dear konbini, and get a coffee and call my best friend.

大通りまで走って、歩けるスピードまでゆっくりにした。やっと、1人の女の人が道を歩いているのを見つけてかなり安心する。後ろをまた振り向くと彼らは居ない。追っかけては来なかった。コンビニについて、おおコンビニよ、コーヒーを買って親友に電話をする。

 

"You know you can't camp anymore, right?"

"Yes, I know"

“キャンプはしてはいけないって事は分かってるでしょ?”

“分かってる。”
 

I stay at the konbini until sunrise (so glad they didn't kick me out) and then go back to get my backpack. My things are scattered everywhere. Was it the two men or a bird? Only reason I question is because my container of kimchi is ripped open haha.

朝日がでるまでコンビニに居座る(店員さんに追い出されなくて良かった)そして、リュックを取りに戻る。荷物はあちこちに散らばっていた。さっきの男の人達かそれとも鳥か? 何故なら、キムチの入れ物が開けられていたからだ、はは。

 

For some reason, when the incident happened I didn't feel fearful. More focused. Even after the event. But the next day, the fear and anger at myself kicked in...but writing this now.is giving me the creeps again, so enough of that :)

それ以来何故か私は怖がらなくなった。より旅に気持ちが集中するようになった。その後も。しかし、次の日、恐怖と怒りがまた出てくる、しかし今はこれを書いているだけだ。けれどもそれがまた怖さをまた呼び戻す、もういやだ。笑顔

 

Day 35. I spend the day reading/talking to my friend, not walking. I needed it. And yes, stayed the night in accommodation.

第35日目。本を読み、友達と話し、今日は一日歩かない。私には必要だった。そう、ホテルで泊まり。

 

Day 36. Checking my gps, it's only 38km to Kyoto! Ready to walk again, I head off before sunrise. Highways, old houses, fairly new houses but generally a late 80s feel to everything. I'm in Shiga-ken already! At one point I hear a girl speaking and wonder what Asian language she is speaking. It's not Chinese or Korean, but wait, I catch a few Japanese words!

第36日目。GPSを見ると、あともう38キロで京都だ!また歩ける、朝日の前に出発する。大通り、古い家々、かなり新しい家々、しかしそれらも大概80年台の感じがする。もう滋賀県だ!途中、女性が話しているのが聞こえる。どんなアジアの言葉を話しているのだろうと考える。中国語や韓国語ではない。しかし待てよ、日本語の単語が聞こえる!

 

What???

何だぁ???

 

I tune into what everyone else is saying and laugh to myself. Hello, Kansai accent (how are they even speaking Japanese, it sounds too different!!!)

一緒にいる人が言っている言葉にも耳を澄ませて、私は自分にたいして笑ってしまう。関西弁こんにちは(彼らは一体どうやって?本当に同じ日本語なの? 全然違って聞こえるよ!!!)

 

At one point I sit by a shopping mall eating lunch and an old lady starts to speak to me. I stare at her and understand nothing haha! Goodbye (for now), chatting-up-old-women!

途中、商店街で座ってお昼を食べていると、お婆さんが話しかけてきた。私も彼女を見つめるのだが何を言っているか分からない、はは!(今は)さようなら、おしゃべり好きのおばあさん達!

 

The walk is long, very long. It's the 1st time I've done 38km in a day and it's raining, but Kyoto is in reach. I have to make it. Just seeing it so close on my gps gives me goosebumps.

今日はかなりの距離だ、とても長い。38キロを一日で歩くのは初めてだ。しかも雨が降っている。しかし京都はもう目の前だ。今日辿り着かなければ。GPSで、京都がそんなに間近なのを見るだけで鳥肌が立つ。

 

It's been just over a month, but it's felt like half a year. The nature I have experienced,  the people I have met, the things I have learnt...as I walk by thinking of all of it, all I feel is immense gratitude. There were ups and downs, there was bordem and ecstacy,  but for all of it, I feel so blessed. Thank you a hundred times, Japan :)

東海道を歩きだして、ちょうど1ヶ月ちょっと経った。しかしまるで半年のように感じる。色々と味わった自然、会った人々、学んだ事、歩きながら全てを考える。今は深い感謝しか感じられない。楽しかった事も大変な事もあった。退屈な時も有頂天の時もあった。しかし、全ては、私はとても恵まれていると感じる。100回ありがとう、日本よ、笑。

 

The excitement/gratitude fades as I continue walking and walking (and walking) Amidst swelling and wet feet, blisters return to keep things lively ;) Past lake Biwa, Kyoto is so close but every step feels longer.

ひたすら歩くにつれて(さらに歩いて)、気持ちの高まりや感謝の気持ちもおさまる。膨れて蒸れた足の中で、足のマメが戻ってきて騒がしくする、笑。琵琶湖を越え、京都は近い、しかし一歩一歩が長く感じる。

 

Finally, as night falls, I spot a tall building. I check my gps. I'm in Kyoto!!! Still having a few km left before the Tokaido finishes, I rush past highways with music in my ears. As I walk by busy streets, shop fronts, tourists, Michael Jackson's smooth criminal comes on. I must look like a baffoon with my massive grin and little dances as I walk!

ようやく、夜になる。建物を見つける。GPSを見る。 京都だ!!!   東海道の終わりまではまだ2,3キロある。音楽を耳に、大通りを越え急ぐ。混んでいる通りを進むと、お店や観光客。 マイケル・ジャクソンのスムーズ・クリミナルが始まる。私が、大きな笑顔でニヤニヤとして、少し踊りながら歩いたので、多分周りからは、かなり変な人に見えたに違いない。

 

At 9 am, the tokaido ends on a bridge near Sanjo station. I expected to feel relief or joy, but I didn't. Instead, I felt a simple contentment.

夜9時に、三条駅の側の橋で東海道が終わる。安心と喜びを期待していたのだが、感じなかった。代わりに、単純な満足を感じた。

 

As I stand on the bridge, looking out to the river, a starbucks latte in hand to celebrate, there is a small smile on my lips. I wonder how many people have stood right here, and what thoughts, dreams, hopes they had as they looked on the rippling reflection of lights in the water. As I sip on my drink, I wonder what journey lays ahead of me...where will these forces that I feel so strongly in Japan, forces from people in the past and present and future, from the trees and rivers and soil and stars, from a glint in a person's eye to the way a spider's web shimmers in the setting sun, forces that have stirred something wordless, formless deep inside of me..where will they take me?

橋の上に立って、川を見つめる。手にはスターバックスのラテでお祝い。口元には小さな笑み。私は、ここにどれくらい沢山の人が立っただろうと考える、そして彼らがどんな考えや、夢、希望を持って、この川の波打つ表面に映しだされるものを見たのだろう。コーヒーを飲みながら、これからどのような旅が私を待ち構えているかを考える。日本で感じる強い何かの力、過去・現在・未来の人々から感じる強い力、木々や川、土、星々、人の目に光る輝きから夕暮れにキラキラ光る蜘蛛の巣まで、言葉にならない何かを刺激するような力、形も無く私の奥に眠る力。それらは何処へ私をつれていくのだろう?

 

I snap a quick photo for this post, and leave for my room in Osaka...

ブログの為に一枚の写真をとり、大阪の部屋へ向かう。

 

PS. Thank you everyone for joining my journey in spirit, for your support and cheer leading. Thank you Michael for birthing the idea of the Tokaido, for giving me a cause to pursue, and for always being there :) thank you Hide for all your translations which have let many others join the journey, and for your ongoing well-wishing :)

あとがき。私の旅へ一緒に(心で)同行してくれた皆さんありがとう。皆の協力と励ましもありがとう。マイケル、東海道五十三次というアイデアを教えてくれてありがとう、追求する目的をくれ、そしていつも支えてくれた、笑顔、ヒデ、ありがとう。翻訳をしてくれて他の沢山の人が私の旅へ一緒になることができ、常に励ましてくれた。笑顔。

 

To all of you, I bow.

皆さんへ、おじぎをします。