Day 17 & 18 Iva C.A.R.E.S. Fund Raiser

Donate

Tokaido trek: day 17 & 18

東海道五十三次 徒歩:第17日、18日目

I don't know what it was: maybe it was the time to reset, or the end of the Blister Party, or the excitement of returning to the Tokaido without a backpack. Or perhaps all three.

何故か良くわからない:ひょっとしたら休んだからか、それか足のマメがおさまったからか 、リュック無しで東海道へ戻るというのでウキウキしているか、3つまとめてかもしれない。

 

Either way, I was bursting with energy. Too much energy.

どちらにせよ、私はエネルギーでとても満たされていた。有り過ぎるくらい。

 

Took a train back to Kanbara, where I left off, and began with a supermarket-picnic on a bench. As I was munching, casually gazing at the mountains, guess who decides to show itself?

東海道の歩き途中の神原まで電車に乗り、スーパーのお弁当から始めた。むしゃむしゃやりながら、山を何気に眺めていると、、誰が現れたと思う?

 

Fuji-san!!!

富士山だ!!!

 

So here's the thing: whenever I reach a spot where Fuji-san could be seen in full mountainous glory with rivers and houses at its feet, and locals saying how this is the perfect viewing spot, 75% of it is hidden behind clouds. 60% if I'm lucky. And never its peak.

つまりこういうだ:富士山が裾の川や建物と共に雄大に輝いて見える場所にたどり着くと、地元の人達はそういう所が完璧な眺めができる場所だと言う。75%かラッキーでも60%は雲に隠れてしまうが、頂上はいつも見える。

 

But as I walk through towns and cities and casually check a gps direction or have have a picnic, there it is in clear view!!! I have yet to see all of it clearly, but when I do see a part of it during these unexpected times, I see it 100%. I am left speechless, everytime.

しかし、町や都市部を歩いている時にでも、GPSで方角を確かめたり、お弁当を食べていると、そこに晴れやかで綺麗な眺めがある!!! 私はまだ富士山を完全に晴れ切った状態では見たことが無いのに、こういう思いもよらぬ時に部分的に見える時は、雲に隠れていない。100%見える。なんとまただ、いつも部分的に見える時に限って、晴れる。

 

Today is was a beautiful walk!

今日はとても美しい徒歩の日だ!

 

Kanbara is my favourite town in Japan so far. Old houses, small unique gardens, mountains in the background. I get back into the rhythm of observing, experiencing, only peaking into local shops because it feels a bit wrong if I don't buy something haha.

神原が今私にとって日本でお気に入りの町だ。古い家々、小さな趣のある庭、そして背景に山々。また観察と体験のリズムに戻っていく。お店はちょこっと覗くだけにしている。何も買わないのは失礼だから。笑

 

I see an old lady stop to gaze at an ancient-looking house, and I use this opportunity to make talk.

お婆さんがとても古い家の前で立ち止まって見ている。ここぞとばかり、私は話かける。

 

"Sumimasen, kore wa nan desu ka," I innocently ask.

“スミマセン、コレハ、ナンデスカ。” 純情な感じで尋ねる。

 

Her reply is elaborate and enthusiastic (and incomprehensible), but we both venture into the house to explore. It has a traditional Japanese layout with tatami floors and from the signs and boards it seems like a big deal.

彼女の答えは丁寧に細かく熱が篭っている(そして、私には意味が分からない。)しかし、二人で家の中へ入ってみる。昔ながらの伝統的な建物で畳の床だ。看板や文字の書かれている板から、何やらお屋敷のようだ。

 

We go to the garden and meet a lady who works there. She takes us to this pebble-covered circle on the ground and puts a bamboo stick in its middle and gestures me to put me ear to it. As I do, she pours water to its bottom and I hear this metal tinkling sound (still don't know what I was listening to!)

庭へ出てそこで作業をする女の人に会う。彼女は我々を石畳の円があるところに連れ、竹の棒を真ん中に置いて、私に耳を当ててみろと手真似をする。私が耳を当てると、彼女は底に水を入れる。金属の鳴る音がする。(私にはまだ何を聴いているのか分からない。)

 

After the old lady listens to the water-tinkling, we chat for a bit and then leaves. It seems like we're walking the same route so we talk (yay!) She's from Nagoya and armed with a JR pass, is out to explore and search for sakura ebi (shrimp).

お婆さんもそれを聴いた後に、すこし話をして離れた。どうやら同じ方向へ行くらしく、 (やった!)一緒に歩きながら話す。彼女は名古屋から来ていてJRパスを持っていた。桜えびを求めてきたとのこと。

 

Our joint walk is short and I am soon left with the Tokaido and a sign-board to the Satta Pass with a little drawing of Fuji-san by the sea. Perfect.

一緒の歩きは直ぐ終わり、私は東海道へ。薩埵峠(さったとうげ)への標識があり富士山の側に海がある小さな絵がある。完璧だ。

 

Satta Pass should be called Orange Groves By The Sea Pass. I've never seen so many oranges! As I walk through countless orange trees and views of the sea and faraway lands, I turn to see mount Fuji (you know where this is going, right?) hidden behind clouds. Should have known ;)

薩埵峠は”海峠の側のみかん畑”と呼ばれるべきだ。こんなに沢山のみかんを見たことがない!海や遠くの陸が見えるところで、みかんの木々の間を歩いて行くと、また富士山が見えた(もうどうなるか、知ってよね?)富士山はまた少し雲に隠れている。覚悟しておくべきだった。笑顔

 

The path descends into ancient, towering trees. I stop by a bamboo forest and something about it calls me to explore it. I enter. I am in a different world.

道は古い大きな木々の中へ降りていく。私は竹藪の所で止まった。何かが私を誘って呼んでいる。中へ入る。まるで違った世界だ。

 

The bamboos sway in the breeze and their leaves rustle and stalks clatter, but there is a stillness and silence to this world. I too become still and silent.

竹が風邪に揺れ、葉は擦れ合って、幹は音をたてる。しかし、何か時間が止まったような静けさがこの世界にはある。私も動かずに沈黙する。

 

After a while, I walk up a steep slope, then turn to look down at Tokaido road and then my gps. It turns out that this bamboo forest is where the old Tokaido route was! There is no path, but I use the bamboo stalks for support as I go up the steep slope.

少し経ってから、急な坂の昇りになり、曲がると東海道が見下ろせる。 GPSを見る。この竹藪が昔の東海道があった場所だ! ちゃんとした道は無いけれども、竹の幹を支えにして、急坂を昇る。

 

Here and there are broken pieces of rock (from the old route perhaps!) and clinging onto the bamboo, I rejoin the new paved Tokaido route.

あちこちで割れた石の欠片がある(多分昔ここに道があったからかもしれない!)そして竹につかまりながら、新しい東海道の舗装道路へ出る。

 

Had so much fun! :D

とても楽しかった!幸せ。

 

I arrive at Okitsu. Dour buildings come into view. Rusting tin roofs and on going construction. I hasten my walk. It begins to drizzle and turns dark. Another post station. I pick a jasmine flower (my favourite!) and breathing its scent in deeply, continue.

興津に着く。ずんぐりしたビルが見えてくる。錆びたブリキの屋根や建設工事。急ぎ足で歩く。雨になり、暗くなる。次の宿場だ。ジャスミンの花を摘み(私の好きな花!)香りを深く吸い込み、また歩く。

 

There's something special about walking at night. No one is around, I can sing out loud/dance freely  (though I was caught once by an equally surprised lady haha). It feels like another day.

夜歩くのは、何か特別なものがある。誰もいない。ひとりで歌ったり踊ったり自由にできる(しかし、途中女性と出会ってお互いにびっくりしたけれども。はは。)昼とはまるで別な日の感じだ。

 

Still bursting with energy, I walk on. I only stop because I have to go back and fix my website.

まだまだ体力があったので、歩き続けた。まだ歩けるけれども、戻ってホームページを直さないといけないから、終わりにする。

 

What an enchanting time :)

なんて素敵な一日だ。笑顔

 

(Sheesh that was a long post!)

(ふう、ずいぶん長いのを書いた!)

 

 

Day 18:

第18日目

 

Sunny at first, then rainy. Very rainy.

最初は晴れ、そして雨、そしてひどい雨。

 

I go back to where I left off (still backpack/blister free yay!) As I write this my mind is telling me to cut it short. Roads, houses, highways. There are no mountains and barely any wood in sight (I did see a car with a wooden frame!) More rain, strong winds.

東海道の歩き途中の場所まで戻る(未だにリュックも、足のマメも無い!)今これを書きながら、私の頭は短く終わらせなきゃと言っている。道路、家々、大通り。山も無いし木造の建物すら視界に無い(木で出来た車は見かけたけれども!)さらに雨、そして強い風。

 

As adults flee to the dryness of indoor, school children continue running and skipping around haha. I had a raincoat on, so no amount of rain was stopping me today. Soaking shoes included. At 4 pm I reach Shizuoka post station and my room just a 10 min walk away, so I decide to change socks/drenched trousers before continuing.

大人は乾いた建物の中へ逃げていくが、学校の子供達は走り続けてスキップしている。はは。私は雨でも気にせず行こうと、レインコートを被った。濡れた靴も気にせずに。夕方4時になって、静岡の宿場に着き、10分先の部屋まで歩く。靴下とズボンを履き替えまた先へ進もうと考える。

 

At this point, my energy is overwhelming and it needs to burn (who would have thought, eh?) I box, do squats,  press ups, the whole deal. Still not enough, but it helps. Its too late to venture on the Tokaido because I'll be away from a city/town and want to avoid the Hakone situation (haha) so I fix my website to where I am happy with it.

この時点では、体力が有り余る程。もっと消耗しなくては(私がこんななんて誰が思っただろう?)私は、ボクシングをしたり、スクワットをしたり、腕立て伏せをしたが、足しにはなるけれども、まだ足りない。しかし東海道を進むには遅すぎる。町から離れて箱根のような事態(笑)になってはいけない。私はホームページ直しに存分に取り組むことにした。

 

Finally, at 11:30pm, the energy ceases. I sleep.

夜の11:30分になって、体力も尽き、寝る。

 

 

PS. Can't post more photos because of a storage limit, sorry!

あとがき。ストーレッジ不足でもうこれ以上写真が載せられない。ごめんない!